www.eigyoseminar.com

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険と言われる保険になります。このような自賠責は別名、強制保険とも言われていて、愛車を定期車検に通す場合は、その期間内に自賠責保険に入っている必要があります。簡単に言えば、すべての自動車が加入していなくてはならないものです。では自動車が自賠責保険に入ったまま手放した時にはどうなるでしょうか。強制保険(自賠責保険)は車検時に更新される場合が少なからずあったりしますが、もしも強制保険(自賠責保険)に入っている車を手放したケースでは、払った金額が返金されるということはないのが普通です。なぜなら自賠責保険の加入を一回消して新しい保有者に移すということは結構面倒くさいのです。ですので、強制保険(自賠責保険)というものは名義を変えてクルマと一緒に移すということが通常です。ただ、その代わりの金額を代金に上乗せしてくれます。自賠責保険というのは自動車税とは異なり既に支払った額を1ヶ月単位で割り算した額が戻ってくるのではなく査定に足すといったような手段をとることが一般的ではありますが、このことが買取査定に掲載されるケースはほとんどありません。ですので買取の場合には自賠責保険の分の額が買取金額に含まれているかを確認してください。あなたが支払った金額がいくらかを知っておけば、損をすることはないはずです。それぞれの自賠責保険の加入保険料に関しては、加入していた期間次第で違うものですから注意してください。車の買い取りの時には自賠責の名義変更をしなければなりません。もし名義書き換えをしていなければ保険会社から自分に自賠責保険の満期お知らせが届いてしまいます。売却を検討中の自動車がより正確に判断され高く手放せることを応援させて頂きますね。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.eigyoseminar.com All Rights Reserved.