www.eigyoseminar.com

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険という保険で通称自賠責保険と呼ぶ保険になります。このような保険は属に強制保険と言われ、車を定期的に定められている車検に通す場合は決まっている期間内に有効な自賠責保険に入っている必要があります。つまりはすべての車に加入義務のある保険です。ではクルマが自賠責保険に加入したまま手放したケースではどうなるか考えてみたいと思います。強制保険は車検時に更新するケースが多々あるものですがもし自賠責保険が付いたままの車を売却したケースではお金が戻ってくることはあまりないと思います。なぜなら自賠責保険の加入を一度抹消して、新しい所有者に移す作業は少なからず手間がかかるのです。ですから自動車損害賠償責任保険の場合は、名義を変えて車と一緒に譲るということが普通です。しかしながら、その代わりの金額を代金に上乗せしてくれます。強制保険(自賠責保険)というのは自動車税とは異なり、既に納めた金額を月単位で割った額が返金されるのではなく、買取額に乗っけるといった手段が使われるのが基本ではありますが、これが見積もりに載ることは稀です。そのため、引き取りの際は強制保険を考慮した金額が買取額に反映されているかを確認してください。自分で払った金額がいくらかを頭に入れておけば、見逃すことはないといえます。自賠責保険の額については、契約期間次第で異なるので、注意してください。クルマの廃車の場面では自賠責の名義変更をする必要があります。仮に名義書き換えをしていなければ保険会社からあなたに保険の満期を知らせる便りが届くことになります。手放すか悩んでいる自動車が多少でも損をせずに手放すことができることを応援させて頂きます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.eigyoseminar.com All Rights Reserved.